音楽からはじまる。

聴いておきたい音楽・読んでおきたい文献メモ。

発言するための理解力と教育の必要性。

どうも。こんにちは…。普段は0~最高でも78PVくらいであるこのブログが、昨日には3800PVを超えるという、はたから見れば大したことない?でも私にとっては驚きの一日でした。うっかりしたことは書けませんね。くわばら、くわばら!うっかりしたけど一応貼っ…

【ワイドナショーにおける松本氏から見えるもの】基礎力の問題点

このブログは音楽を基軸に芸術分野にまで自分自身の視野を広げるために立ち上げたブログでしたが、今日は気になることがあったのでちょっと逸れた話を書こうと思います。 また先に述べておきますが、私には特に思想があるでもないので、ただ感じたことを書く…

森山直太朗と秦基博にみた、音楽の早期教育の必要性

今日のテーマは私にとっては耳の痛い話でもあるのですが、音楽の早期教育の話を書こうと思います。 早期教育の必要性 音楽教育家である、コダーイ、ダルクローズ、オルフらは揃って「幼少期からの音楽教育が必要である」と述べています。確かに日本でも桐朋…

「オペラを鑑賞する文化」は根付かないのか?

本日は、オペラの話 このテーマを取り上げたきっかけ 私は高校生の頃から声楽の友人が多かったので、よく伴奏を頼まれました。今でも当日弾いた作品も大好きなものが多いですし、バロックオペラからヴェリズモ*1、そして近現代のものまで、とても興味があり…

【大人大学院受験⑤】受験勉強と仕事の両立

大人大学院シリーズも最終回。最終回にして大きなミスに気がついてしまいました。「音楽で大学院受験」ということを基軸として書きたかったのに、「小論文を書いたことない人」「英語が苦手な人」ということに視点が置かれてしまっていました。まずはその点…

【大人大学院受験④】研究計画書と志望理由書

この【大人大学院受験】シリーズも4回目となりますが、前回の記事の最後に書きましたとおり、音楽系の分野での大学院受験を対象にしていますが、演奏で分野での受験は異なる点が多いので、音楽学・理論系での進学を対象にしています。ご了承ください。 前回…

【大人大学院受験③】英語ができない人の英語試験対策

それでは【大人大学院】シリーズ、英語編です。 ll1405ll.hatenablog.com 長い間、英語は全く読まずに楽譜ばかり読んでいた人が、大学院の外国語試験の英文を読むことはできるのでしょうか?なのであえてタイトルは「英語ができない人」としました。およそ、…

【大人大学院受験②】私流小論文対策

前回から始めてみました【大人大学院】シリーズ(勝手に命名してみました)。本日は小論文を始めて書いてみた話です。前回の記事はこちら。 ll1405ll.hatenablog.com はじめての小論文 入試で課せられる「小論文」と「論述試験」。私は経験したことないので…

【大人大学院受験①】専門職を失ったので受験に踏み切る。

ここでは音楽を中心に芸術全般のことを書くことを目的に立ち上げましたが、近年では大学院進学者、特に社会人になってからの進学者が増えています。ネットでもこうした情報が増えてきました。しかし「音楽分野で大学院に受験する」というのは、案外、インタ…

ラフマニノフ「プレリュード」における作品へのアプローチ

教育機関での仕事が多くなったこと、また作業としては論文や執筆の方が中心になってきている。しかし、実はまだピアノ教師を細々と続けている。習いに来てくれる子が途切れない限り、続けていきたいとも思っている。幸いなことに発表会での「講師演奏」とい…

芸術の鑑賞ー「又吉直樹、旅するロシア」よりー

数日前、日本テレビで「又吉直樹、旅するロシア」という番組が放送されていた。 hermitage2017.jp 芸人でありながら、作家である彼は、芥川賞受賞後に「芥川龍之介への手紙*1」というエッセイを綴っていた。私はそのエッセイを読んだときに、芸術の鑑賞方法…

シフのベートーヴェン・ピアノソナタ

※Tower record on-lineHPより引用 実は、私にとって「音楽の道を志すきっかけ」というのはあまり覚えがなく、幼少から特別な専門教育も受けていたわけはありませんでした。しかし、中学生の時に受けた、のちに母校となる学校の音楽講習会を受けたことが、本…

「芸術体験」のはなし

最近、音楽系の多くの学校で出題される傾向に有る小論文テーマには「現代社会における芸術音楽の意義」や「文化芸術の中での音楽存在の意義」などがみられます。この「現代」を象徴するからなのでしょうか?学生(生徒)が書いてくるものには「インターネッ…

音楽史を概観していく。

初めての記事にも書きましたが、大学受験のための小論文指導もしています。なかには、文学部などに配属している「比較芸術」や音楽の分野を推薦試験で受験する際に、出題される傾向があります。 本日はそんな、もともと音楽の専門教育を受けていたわけではな…

ブログタイトルのはなし。

これまで、とあるサイトでブログを書いたりしていました。その後仕事を辞めずに大学院を修了し、その流れから音楽コラムを書いたりもしていました。専門は音楽。音楽というと=演奏、のイメージが強いかと思います。現に、高校から音楽科~音大と経てきた私…

.entry-content h3 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f0f0f0; border-left: 8px solid #1056a2; border-bottom: 1px solid #1056a2; }