音楽からはじまる。

聴いておきたい音楽・読んでおきたい文献メモ。

【ワイドナショーにおける松本氏から見えるもの】基礎力の問題点

f:id:ll1405ll:20170601104803j:plain

このブログは音楽を基軸に芸術分野にまで自分自身の視野を広げるために立ち上げたブログでしたが、今日は気になることがあったのでちょっと逸れた話を書こうと思います。

また先に述べておきますが、私には特に思想があるでもないので、ただ感じたことを書くまでです。その旨、ご承知おきください。

私の息抜きはテレビのお笑い番組を見ること。基本的には芸人さんを尊敬しているし、自由な発想力と対応力にはかなりの才能がいる職業だと思っています。

しかしつい先日、こんなことがありました。

lineblog.me

茂木氏の「日本のお笑いはオワコン」のつぶやきについて、松本氏お得意の笑いで何とかしよう的にまとめた回がワイドナショーでありました(って、笑いになっていたか?まとめ切れていたのか?については疑問が残りますが)。そしてその後に上記にのブログが公開されました。私はオリラジも好きだし「きっと、あっちゃん(中田敦彦氏)は論破できる自信があるんだな~」と思っていました。実際、松本氏と話したとしても、論破できる力を持っているのは正直、彼だと思いますし。その後、以下のような記事が出ました。

news.livedoor.com

これについて、オリラジファンの中でTwitter論議。話はそれますが、オリラジファンってやはり彼らの学歴に比例しているのでしょうか?論議するのが好きだし、結構、的を得ていました。私のTwitterでも別アカウントでおこなわれていたので詳細は差し控えますが、彼ら彼女らの結論は「何らかの形で松本氏が吉本関係者に「あれはないんちゃうか~」くらいでも、発言がなければこんなことにはならない」といった意見が多かったようです。

その時までは、私も「お笑い界も年功序列っぽくて大変だね」ぐらいにしか思っていませんでした(のんき)。

そして私が問題視しているのは、次の話。同番組においての松本人志氏の発言です。

news.nifty.com

これには、昔からのファンである私も共感できなかった、というよりは、この話から松本氏は広い視点でものを捉えることができない人だと思いました。自分が思ったから、言う。これで思考回路が止まっている。

少し話がそれますが、かつてダウンタウンは「松本は天才。浜田はただの人」と言われ、浜ちゃんが死ぬほど努力して今のダウンタウンになった、とよく言われています。彼は確かに「ひらめき力」みたいなものは唸るところがある。笑いの松本にコミュニケーション力の浜田。こうしてダウンタウンができたのだ、とも言われています。すごい相互作用だと思います。

閑話休題

しかし、少なくともこの「ワイドナショー」は時事ネタを扱った番組ですし、その中に笑いのエッセンスが含まれているからこそ、見ていて楽しいはずの番組ではないかと思うのです。基本的には時事ネタ(芸能ニュースも含め)を取り上げているのだから、そのニュースに関する基本的な知識をしっかりと理解したうえで、発言しなくてはならない。その理解ができたうえでさらに笑いを上乗せする、という本来であればかなり難儀な番組であると思うのです。

私は上記記事による「未然に防ぐことが(冤罪であっても)プラスになる」というのは、あまりにも雑な発言だと思いました。すこぶるひらめきと笑いのセンスでここまで芸能界で過ごせてこれたことは素晴らしいけれど、何かにつけて周囲が何も言及しないのではないかなと思わされてしまいました。だから裸の王様状態なのではないかな、と思うのです。これは私の勝手な想像までですが、松本氏は「時事ネタだって、俺には話す能力はあるし、笑いに転換する能力もある」と思い込んでしまっているのではないか?と思うのです。これは「知らない」という恐ろしさだと思います。

学歴だけがすべてではないことは承知しています。でも、中田氏の発言には基礎がある。そして考える基礎力がある。それが正しいか否か、好きかどうかは別ですが、ちゃんと物事を捉えて述べる力が備わっている。それに対して松本氏に関しては考える基礎力がない。その力がないから、感じたこと、上澄みの情報だけで本質に迫る力が弱いのだと思いました。だからこういわれてしまうのです。

私は津田氏賛成派!とかでもないのですが、これは本当にその通りだと思います。

お笑い芸人が時事ネタを扱うな!と言っているのではないのです。その番組を受けたなら、ちゃんと勉強すること。しっかり理解して、それを消化させ、専門家の意見を視野広く聞くことができる姿勢が大切だと思うのです。本来の意見は専門家でも大変ですから、専門的見地からものを述べよ!といっているのでもない。でもあまりにも固執した視野しかもてない、わたしのかつての「お笑い界のヒーロー」は、もてはやされてしまったからこそ、のぼせ上ってしまったかと思うと少し寂しい気もしました。という話でした。

だって、若いころ揶揄されていた方の浜ちゃんはこうしたネタには触れないでしょ。ちゃんと自分の立ち位置、わかってるからね。

私も初心忘れずに、立ち位置を踏まえて研究に踏み切りたいと思います。それでは。

.entry-content h3 { padding: 4px 10px; color: #111; background-color: #f0f0f0; border-left: 8px solid #1056a2; border-bottom: 1px solid #1056a2; }